朝日学情ナビ2017

スポンサーCM

厳選された飲料・食品を多数取り扱い

オフィス移転・原状回復について

事業紹介
オフィスレイアウト移転・リニューアル
ITソリューション
文具・オフィス用品
事例紹介
業務拡大に伴うオフィスレイアウト
来客が多い企業様のオフィスレイアウト
在席率の低い企業様のオフィスレイアウト
企業イメージを高めるオフィスレイアウト
IT環境から見たオフィスレイアウト
用途別オフィスレイアウトのポイント
会社概要
採用情報
お問い合わせ

オフィス移転・原状回復について

  1. HOME
  2. オフィス移転・原状回復について

オフィス移転の簡単な流れ

当サイト運営・監修の株式会社カミヒサでは、以下の手順でオフィス移転を行っています。

1.移転準備
まず現状オフィスの実測結果からレイアウトを図面に起こし、それに基づいた新オフィスのレイアウトを作成いたします。同時に企業様のスケジュールに合わせ、オフィス移転スケジュールを作成し、移転に関わるすべての予算を算出・計上します。また、移転の際に物品の紛失を防ぐため、すべての物品にラベルによるナンバリングを行い管理いたします。
2.事前工事
新オフィスのパーティション工事、電気・電話・LAN配線工事、内装・設備工事を行います。工事終了後に、移転を行います。
3.移転元工事
移転後の旧オフィスの原状回復工事を行います。

原状回復について

「原状回復工事」とは、テナントの退去時に内装全般から設備関係に至るまで、破損箇所や造作などにより変更工事を施した箇所を、借りたときと同様の状態に修復する工事のことです。オフィス移転の際には、この原状回復工事を行うことまでが賃貸契約に含まれています。

気をつけたいこと

原状回復工事費用は充分か?
オフィス移転の費用は、原状回復工事の費用を含めて算出しておきましょう。初期工事によるテナント変更の度合いと破損状態により、原状回復工事の費用は異なります。業者による見積もりを移転費用に加えておきましょう。
マスタースケジュールを立てているか?
テナントの解約通知は6ヶ月前までに提出しなければなりません。その際に原状回復工事の期間を忘れてしまうケースが多々あります。解約日までに工事も終了させなければなりませんので、あらかじめ原状回復工事の期間を加えたスケジュールを考えましょう。

オフィス関連のお問い合わせはコチラから